ホーム‎ > ‎活動情報‎ > ‎

2018被災地小学生サッカー交流

2018/10/24 18:36 に 斎藤勉 が投稿   [ 2018/10/24 22:38 に更新しました ]
10月20日(土)~21日(日)の2日間の日程で
恒例となりました「2018被災地小学生サッカー交流」を実施いたしました。
招待チームとして、気仙沼シャークスFC、鹿折フットボールクラブ
湊サッカースポーツ少年団、閖上サッカースポーツ少年団の4チーム
ホストチームとして、YMCAサッカークラブジュニアU-12、U-11の子どもたとともに
サッカーを通して交流を深めました。
2日目は仙台Y's,青葉城Y's、広瀬川Y's、石巻広域Y'sの方々も応援に駆け付けて下さいました。

1日目は、昼前に東北学院大学泉キャンパスに集合し
昼食をとり、開会式の後に、混合チームを作り
ミニゲームを行いました。
普段関わることのない子どもたちが、ひとつのチームとして
協力し合い、励まし合いながらサッカーを楽しんでいました。
天気は良かったのですが、夕方になり雲行きが怪しくなり
あっという間の雷雨となりましたが子どもたちは無事でした。
夕食やお風呂タイム、夜は流しと興奮気味の子どもたち。
楽しみがたくさんありすぎて中々寝付けなかったようです(^^)
2日目は快晴となり、朝から気持ちのいい天気となりました。
昨日は寝不足のはずなのに、子どもたちは元気でした。
朝食を済ませ、部屋の清掃を終え、荷物移動をした後に
本日のメインの交流試合のスタートです。
YMCAサッカークラブU-10の子どもたちも加わり
熱戦が繰り広げられました。
Y'sの方々の応援もあり、試合は大いに盛り上がりを見せてくれました。

午前中は4チーム毎のトーナメント、午後は準決勝、決勝、3位決定戦が行われました。
2日間を通して、子どもたちが本当にいきいきとした表情の中で
サッカーを楽しんでいたと実感しております。

勝ち負けの世界でもあるので、涙する子どももいましたが
みんなで励まし、次、頑張ろうと声を掛け合いながら
前に進んでいました。

この子たちが、次の世代の担い手となり、それを後押しする
仲間がどんどん増えていってくれることを願うばかりです。


Comments