ホーム‎ > ‎

活動情報

岩佐いちご農園ワーク2019.11.10(2019年度第10回目)

2019/11/10 0:20 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第10回目の岩佐いちご農園ワークを11月10(日)に実施しました。
今回はスタッフ3名の参加でした。

本日の作業は、水耕栽培のハウス内でツル取りでした。
1棟の大型水耕栽培ハウス半分がツル取りが終わっていない状態でした。
ハウス内は赤く色付いたイチゴがあちらこちらに見受けられ、
ようやくイチゴのシーズンに入ったことがわかりました。
岩佐イチゴ農園では、3日前に今シーズン初出荷されたそうです。

先日の台風19号による被害の修繕のために、
ツル取りができていなかったということで、
相当長く伸びていました。
3名と岩佐さんと1列ずつツル取りを行いました。

     作業風景↑


     作業前↑


     作業後↑

昼食後もツル取りを継続し、終了15時前に何とかツル取り作業が終了しました。
残り僅かな時間で、ハウス内の縁に生えている雑草などを取り、
本日の作業が終了しました。

次回のワークは12月8日(日)の予定です。
*当初12月15日(日)の予定でしたが、変更となりました。



台風19号被災による丸森町支援活動の報告

2019/11/08 17:46 に 斎藤勉 が投稿   [ 2019/11/12 7:20 に 黒田敦 さんが更新しました ]

先日、10月12日(土)~13日(日)にかけて東北地方に接近した台風19号の影響で、

大きな被害を受けた丸森町へ支援活動に行ってきました。

遅くなりましたが、その報告をいたします。


■実施日:2019114日(祝・月) 

■時 間:(830丸森病院集合、9時:作業開始 15時:終了)

■場 所:① 丸森町国民健康保険丸森病院

      ② 丸森町金山地区冠水エリア

■参加者 :YMCA職員・職員家族・YMCA幼稚園保護者、ユースボランティアリーダー

     YMCA国際ホテル製菓専門学生、仙台4ワイズメンズクラブメンバーとそのご家族・知人  

     以上40名参加

■活動内容 

 4日に行われた台風19号被災による丸森町への支援ボランティアにはYMCA関係者40名の参加者が集まり、

当初予定を超えて実施することができました。

朝早く仙台や石巻を出発し9時から丸森病院で3階から医療器械の運搬、家具の清掃や消毒、支援要請があり

持参した冷蔵庫やカラーボックスの運搬や組み立て中庭2か所、外回りの清掃など、全員が手際よく分担して行いました。

大勢の参加者のお陰で病院の作業は午前中で終了したので、5日より町民が熱望していた外来の診療が可能になりました。

正午前、各地から集まったボランティアの集合場所となった金山町づくりセンターに移動し、

作業場所を見分してから午後は阿武隈川の支流で雉子尾川の氾濫で甚大な被害を受けた金山地区の住宅地歩道に高く積まれた

ごみの撤去作業を担当する事になりました。

 参加者各々が町づくりセンター屋外の日陰を探して昼食を取った後、歩道6070 m範囲で積まれた稲わらクズ、流木、

家具や畳などを他のボランティアの皆さんと一緒にトラックに積み込み、午後3時に作業を終了する事ができました。


■丸森町の被災状況(河北新報記事より)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 ■活動写真 

丸森庁舎前グランドに積まれたごみ集積場
丸森病院小野事務長より被災状況を聞く
丸森病院中庭清掃
金山まちづくりセンターでのミーティング
金山地区歩道上のごみ撤去作業
歩道上のごみを種類毎に分別
撤去したごみをトラックに積み込み
氾濫した雉子尾川の堤防


岩佐いちご農園ワーク2019.10.27(2019年度第9回目)

2019/10/27 0:48 に 黒田敦 が投稿   [ 2019/11/08 17:20 に更新しました ]

2019年度、第9回目の岩佐いちご農園ワークを10月27(日)に実施しました。
今回はスタッフ2名の参加でした。

台風19号や先日の大雨でハウス等心配していましたが、
大きな被害がなく一安心しました。

今回の作業は、大型土耕ハウス内にダクト(温風を送るための)を設置、
ハウスの端にビニールを設置、ハウス入り口の整備などでした。








        ↑(ダクト設置)








       ↑(ビニール設置作業)








  ↑(伸びたツル)   ↑(受粉させるミツバチ)








      ↑(ハウス入り口整備作業)

ダクトの設置は、冬に向けての作業のため、
これからイチゴの生育に向けて、
また冬に向けての準備を感じる作業となりました。

ハウス内はミツバチが飛んでおり、
来月にはイチゴの実がぼちぼちなっていそうです。

来月のワークは11月10日(日)を予定しています。

被災地小学生サッカー交流2019実施報告

2019/10/21 7:43 に 黒田敦 が投稿

2019年10月19日(土)〜20日(日)の1泊2日、
東北学院大学泉キャンパスにて恒例の「被災地小学生サッカー交流2019」を実施しました。

今回も気仙沼市より気仙沼シャークスFC、鹿折FCの2チーム、
石巻市より湊サッカースポーツ少年団の1チーム、
名取市より閖上サッカースポーツ少年団の1チームを招待しました。

19日(土)は、大雨の予報によりプログラムを変更し、
東北学院大学泉キャンパス午後3時に集合しました。
雨は午前中よりも小雨になりましたが、グランドには水溜まりが辺り一面にありました。
そして、仙台YMCAサッカークラブU-12、U-11の選手も合わせて約60名が集まり、
室内にて開会式を行いました。
その後、選手たちは合宿所の各部屋に移動しました。
そして、食堂にて夕食と摂り、合宿所に戻って入浴となりました。
全員が入浴した後、開会式が行なわれた研修室に集まり、
YMCAらしい夜の交流プログラムです。
全チームをバラバラにし、即興のグループ(全チームが入る)を作って
合宿所を使ったゲームを行い、選手たちは大盛り上がりでした。
その後就寝となりましたが、興奮冷めやらぬなのかなかなか寝付けずにいました。

20日(日)、6時半に起床して荷物の整理整頓を頑張って行い、
朝食を摂るために食堂に移動しました。
昨日の雨は止み、グランドも水はけが素晴らしく、水溜まりは無くなっていました。
食を摂った後は荷物を移動し、グランドに移動しました。
YMCA U-10と2日目合流の選手合わせて、
7チーム約80人でサッカー交流が始まりました。

来週から始まる「2019年度 JFA全日本U-12サッカー選手権宮城県大会」
に向けた調整を兼ねるチームもあるサッカー交流となりましたが、
選手たちは目の前の試合を真剣な眼差しで行なっていました。
しかし、試合が終わった後は、お互いのチーム同士
健闘をたたえ合う場面も多く見られました。









交流試合は総当たりの6試合をそれぞれのチームが行いました。
閉会式では、YMCAが大切にしているキャラクター・ディベロップメント賞を
各チーム1人を表彰しました。
そして、招待チームを代表して湊サッカースポーツ少年団の
指導者から言葉をいただき、みんなで集合写真を撮り解散しました。

ちなみに、2日目のサッカー交流では、
仙台YMCAサッカークラブジュニアユースの選手たちが
試合中の副審サポートをしてくれました。
また会場設営ならびに片付けも行なってくれました。

今回を期にこれからも選手同士いい交流をしてくれることを願っています。

岩佐いちご農園ワーク2019.10.6(2019年度第8回目)

2019/10/06 1:38 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第8回目の岩佐いちご農園ワークを10月6(日)に実施しました。
今回はスタッフ2名の参加でした。

今回の作業は、土耕の大型ハウスに定植された苗から
伸びたツルを採る作業内容でした。
ツルを採ってからマルチ(黒のビニール)を苗に覆う作業をするため、
この時期には必要な作業でした。
立ってすると中腰の姿勢を保つため、腰に負担がかかります。
腰に負担をかけないようにタイヤの付いた小さな腰掛に座って
作業を行いました。
今日一日の作業で、大型ハウス半分ほどが終了となりました。
  (ツル採り前)

  (ツル採り後)

次回の予定はまだ決まっておりませんが、11月に実施予定です。
11月はマルチで覆われた苗のツル採りの予定です。
そのころにはイチゴの花が咲いていることでしょう。

岩佐いちご農園ワーク2019.9.8(2019年度第7回目)

2019/09/08 0:22 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第7回目の岩佐いちご農園ワークを9月8(日)に実施しました。
今回はスタッフ3名の参加でした。

天気は快晴でした。
明日の午前中に接近予定の台風に備えて、
当初行う作業が変更となりました。
今回の作業はまずハウスの中の作業でした。
暑いハウスの中、こまめに休憩を入れながらとなりました。

水耕栽培の棚に定植させた苗を入れていたトレイの回収と
ポットを入れていたトレイから水を抜く作業など、
片付けがメインの作業でした。

<作業前>  
  ↓








<作業後>
  ↓

<片付け終了>









ハウスには、棚にイチゴの苗が定植されており、
さらにもうすぐ定植されるのを待っている苗がありました。








午後からは台風の影響からか、風がきつくなってきましたが、
今回は無理をせずいつもより1時間早めにワークは終了となりました。

次回は、10月6日(日)を予定しております。
作業内容は、マルチのホッチキス留め予定です。
この作業が一番体力的に厳しい作業ですが、
とても大切な作業となります。

岩佐いちご農園ワーク2019.8.25(2019年度第6回目)

2019/08/25 1:16 に 黒田敦 が投稿   [ 2019/08/25 1:28 に更新しました ]

2019年度、第6回目の岩佐いちご農園ワークを8月25(日)に実施しました。
今回はこども2名、保護者3名、スタッフ2名の合計7名の参加でした。
また今回の作業は初めて行う作業内容となりました。

作業内容は、水耕栽培のハウス内にある苗を植える棚に
苗を植えるための穴を開ける作業です。
ヤシの皮などが入っている土が乾燥しないように被せているビニールをめくり、
岩佐さんたちが下穴を開けたところを、器具を使ってさらに大きな穴を開けました。








4棟のハウスをひたすら同じ作業を繰り返しました。
午前中は天気がよかったですが、風が吹いていたので、
時折休憩を兼ねてハウスを出ると風が気持ちよく感じました。

穴を開けるとまたビニールを被せました。
イチゴの苗の定植は約3日後に行うそうです。
その約3日間、水を与えて湿った状態にして穴が崩れにくくするそうです。








お昼休憩をはさみ、水耕栽培団地へ移動しました。
そこの大型ハウス内の棚も何列か穴を開ける作業が残っており、
大人は穴開け作業とし、子どもは要らなくなったビニールなどの片付けをしました。
穴開けが終了すると、最後に棚の下に落ちた土やほこりを掃き掃除しました。








9月になると水耕栽培も土耕栽培も苗の定植が始まるそうです。

9月は8日(日)にイチゴ農園ボランティアを予定しています。


岩佐いちご農園ワーク2019.7.15(2019年度第5回目)

2019/07/15 1:14 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第5回目の岩佐いちご農園ワークを7月15(月・祝)に実施しました。

今回はこども1名、保護者1名、スタッフ3名の合計5名の参加でした。
朝は小雨でしたが、途中から雨が上がり、昼からは蒸し暑い中での活動となりました。

午前中は、緑のポットに土を入れる作業でした。
以前も水耕栽培ハウスで行いましたが、今回で最後の土入れでした。

お昼を挟んで土入れを行った後は、
栽培が終了した小さなハウス4棟の作業でした。
苗とマルチを除いた畝だけの状態を
岩佐さんが運転するトラクターで畝を平らに。
トラクターで平らにできないところをスコップで
崩して平らにする作業を行いました。









大型のハウスはまだ土が平らになっていませんでしたが、
これから次のシーズンに向けて全て平らにして消毒していくそうです。

次回は8月25日(日)です。

岩佐いちご農園ワーク2019.6.30(2019年度第4回目)

2019/06/30 2:01 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第4回目の岩佐いちご農園ワークを6月30日()に実施しました。
6月2回目の活動です。

今回はこども1名、保護者2名、スタッフ2名の合計5名の参加でした。
最近のいちご農園ワークには珍しく天気は雨でした。

作業内容は、当初予定していたハウスに土を入れた緑のトレイを移す作業ではなく、
ハウスを冷蔵庫の機能にするための黒いシートの張替えの作業となりました。

震災後、復興する際に張ったシートとのことでしたが、
劣化が激しくなり約7年ぶりの作業とのことでした。

ハウスの中を掃除(土やほこり)する係と、
現在使用している黒いシートを除去する係に分かれて作業を行いました。
除去するのは簡単な作業でしたが、その後の新しいシートを張る作業が結構ハード。








重たいシートを大人の男性8人でハウスの上まで上げ、
ハウスの骨組みに引っ掛けないように慎重に張っていきました。
午前中に何とかシートを載せるところまで行えました。

午後は、引き続きシートの位置を整えたり、
隙間に別のシートを張ったりなど行いました。


















雨でしたが、ハウスの中での作業でした。
しかし、埃と重いシート張りで久しぶりに少しハードな作業となりました。

本日の作業終了後、岩佐さんより特製の牛乳で割ったイチゴミルクを美味しくいただきました。

次回は7月15日(月・祝)です。
*現在、なかなか作業が進まず遅れているとのこと。
 少しでもお役に立てるよう、次回のボランティアも募集します。


岩佐いちご農園ワーク2019.6.2(2019年度第3回目)

2019/06/02 1:30 に 黒田敦 が投稿

2019年度、第3回目の岩佐いちご農園ワークを6月2日()に実施しました。

今回はこども3名、保護者2名、スタッフ2名の合計7名の参加でした。
今月も天気に恵まれ、風もあり心地よい中での活動となりました。

午前中の作業は、先月と同じ作業を行いました。
次のシーズンに向けて黒い細長いピットに土を入れる作業を行いました。
そして、土入れが完了したものをハウスの中に入れる作業も行いました。
先月行った数以上必要となったということで、追加の作業となりました。

















午後は、ご自宅があるハウスへ移動しそこでも午前と同じ作業を行いました。
午後の作業は時間切れのため、予定された数をこなすことはできませんでしたが、
みんなで頑張って作業を行いました。

次回の日程は未定です。

1-10 of 427