ピンクシャツデーお知らせ

幼稚園の取り組み

2018/03/05 15:22 に 髙橋祐子 が投稿

幼稚園でのピンクシャツデーの取り組みをご紹介します。
3年目となる今年はポスターを貼るとすぐ、子ども達も保護者の方も「ピンクシャツデー!」と反応してくださいました。
家庭で「違いを認める」とはどんなことかご両親で話し合ってくださったというご報告を受け、とてもうれしくなりました。
子ども達はピンク色の物をみると「ピンクシャツデー!!」と言う場面があるなどとても活動に積極的でした。
「言われたらうれしいことば」をみんなでピンクのシャツに書き、お部屋に飾りました。
ピンクのシャツを作ろうとして作っていたら、ズボンもできました!
「見て!僕ピンクを着てきたよ!」と自慢げな年少さん。
お父さんも参加してくれました。
みんなの心にピンクシャツデーの心が根付いてくれることを祈ります。


ベガルタレディースの方々も賛同してくださいました。

2018/03/04 23:02 に 髙橋祐子 が投稿   [ 2018/03/05 0:44 に 加藤雄一 さんが更新しました ]

ベガルタレディースの選手の皆さんも取り組みに賛同してくださいました。
今年はちょうど移動着がピンクとのことです。
ベガルタさんをとおしてピンクシャツデーを知ってくださる方が増えることを願っています。
選手の皆さんありがとうございました。
ブログに掲載してくださっています。是非ご覧ください。


赤門自動車学校の取り組みです

2018/03/04 22:48 に 髙橋祐子 が投稿



赤門自動車学校の方々が皆さんピンクを身に着けてくださいました。
確実に輪が広がっていることに感謝します。

西山児童館のピンクシャツデー

2018/03/02 1:18 に 跡部絵美 が投稿

2月22日(木)
 西山児童館の「にしやま茶屋」という乳幼児さんむけのプログラムで、ピンクシャツデーのお話を動物を登場させた人形劇で行いました。
あいにく、一組のみの親子の参加でしたが、子どももお母さんも人形劇をじっくりと見てくれました。

2月23日(水)
児童クラブの子どもたち小学校1年生から4年生約40名を対象に、「ピンクシャツデー」の取り組みを行いました。
2週間前に、子どもたちにピンクシャツデーについて「紙芝居」でお話をしていました。
そして、ピンクシャツデーにむけて、言われたら「うれしいことば」と、言われたら嫌な「チクチクことば」を募集しました。
子どもたちからは、たくさんの言葉が集まりました。

この日は、みんなから集まった言葉を紹介しました。
「チクチク言葉」には、「バカ」「きもい」などの言葉が集まり、
「チクチク言葉」を言われたらどんな気持ちになるかを話し合い、
子どもたちからは、「傷つく」「友だちがいなくなる」「いやな気持になる」「つまらなくなる」「かなしくなる」などの意見がでました。

次に、「うれしい言葉」には、「ありがとう」「いっしょに遊ぼう」「かわいいね」などの言葉が集まっていました。
「うれしい言葉」が児童館にあふれたらどんな気持ちになるかを、みんなで話し合いました。
子どもたちからは、「うれしくなる」「楽しくなる」「みんながやさしくなる」「ありがとうって気持ちになる」などの意見がでました。
 最後に、「今年1年間を、『うれしい言葉』があふれる児童館にしていきたい人?」とみんなにたずねたところ、多くの子どもたちが、手をあげてくれました。
今回の取り組みを通して、子どもたちと、「いじめのない環境」を作っていく話し合いをすることができました。



南大野田保育園のピンクシャツデー

2018/03/01 3:10 に 跡部絵美 が投稿

南大野田保育園では、いじめのない平和な世界を願い、幼児部ほし、にじ、ひかり組に話をしました。


小さなクラスの子どもたちも幼児部も職員もピンク色の服や持ち物を見に付けて登園し保育園がピンク色に染まりました!

市内の小中学校、中学校でもピンクシャツデーに取り組んでいる所が増えて嬉しいです。
子どもたちも地域でもいじめのない世界になりますように・・

南大野田保育園でも、「言われて嬉しいことば」を皆さんから募集しました。

当日までに、沢山の言葉が集まり、白かったTシャツがピンク色に染まりました。


「ありがとうって言われると嬉しい」「すごいね!!」「おおきくなったね」と沢山のことばが集まりました。
言われて嬉しいことばも一人ひとり違います。“みんなちがっていいんだよ”ということを、みんなで考える機会となりました。

わたしたちは一人ひとりの違いを認め合う事がいじめのない世界をつくる一歩だと考えます。

周りの人の良い所や頑張っているところを見つけ、“みんなちがっていいんだよ”を伝えるためにピンクシャツデーをすすめていきたいと思います。

旭丘小の教頭先生が参加してくださいました

2018/02/28 2:13 に 栗田康慎 が投稿

旭丘小学校の教頭先生がピンクのネクタイを着用して、ピンクシャツデーに参加してくださいました。
旭丘小の子ども達や旭ヶ丘児童館職員との間で、いじめを無くしていこうという想いを共有しました。

加茂保育園のピンクシャツデー

2018/02/28 1:01 に 佐藤陽子 が投稿

 加茂保育園では、ピンクシャツデーに向けて『誰かに言われてうれしい言葉』を募集しました。
玄関脇のコーナーは、「ありがとう」「大好き」「助かるよ」といったうれしい言葉で溢れ、
みんなの気持ちも温かくなりました。
 子どもたち、保護者の方もピンクのものを身に付けてくださり、保育園がピンク色に染まりました。

 金子みすずさんの詩『私と小鳥と鈴と』も紹介し、「みんなちがってみんないいこと」を感じる一日となりました。

本部事務局です

2018/02/27 15:18 に 髙橋祐子 が投稿   [ 2018/02/27 16:47 に更新しました ]

本部事務局の職員達の宣言です。

ホテル学校講師の方々も参加してくださいました!

2018/02/27 14:52 に 髙橋祐子 が投稿

講師の方々もピンクシャツデーへの想いを宣言してくださいました。
また、外国語の先生方はそれぞれの母国語で書いてくださいました。ありがとうございます。

旭ヶ丘児童館で手作りピンクシャツプラバン!

2018/02/26 14:39 に 栗田康慎 が投稿

旭ヶ丘児童館の職員がピンクシャツデーのプラバンを手作りしてくれました。
職員全員で身につけて意識を高め、ピンクシャツデーを盛り上げています。

1-10 of 17